また、だまされた!嘘をつかれて傷ついたときの考え方。

嘘をつかれると傷つきますよね。
仲が良ければ良いほど、信用すればするほど
裏切られたときのショックは大きいと思います。

なんでバレるような嘘つくんだろう?

嘘をつく人、ぼくも昔は嫌だったな。
でも、ある時からあまり気にならなくなったよ。

嘘をつくのにも理由がある。
  • 自分を良く見せたい。
  • 相手に嫌われたくない。
  • 自分に自信がない。
  • 幼少期、親によく嘘をついていた。などなど

嘘を観察していると、
「嘘をついているのは、私に好意があるからなのかな?」と思うようになりました。

それでも、嘘つかれるのって嫌だよね。

自分の嘘は大丈夫?気がつかないうちについている嘘。

ぼくは嘘つかない。
…と思うよ。

正直に生きようとしても、気づかないうちに嘘をついていることってありますよね。

カッコつけようと思って、実際の話よりオーバーに話すことはありませんか?
あとは、「どっちでもいいよ」と言って実はよくないときとか…。

嘘をついていないつもりでも、気がつかないうちに真実と異なる話をしているかもしれません。
例え、人を傷つけない嘘だとしても、誇張した話は相手を「だます」ということになります。

また人に合わせて自分の意見と違うことを言うのは、自分自信を「だます」ことになります。

嘘をつかれることが嫌い。
でも、嘘をつかないでコミュニケーションをとることって難しいですよね。

誰かの嘘が許せないのは、
人前で偽ってしまう自分を嫌っているからではないですか?

まわりと合わせるために自分の意見を偽ったり、
自分じゃないキャラクターを作って過ごしたりするのって辛いよね。

でも、まわりに合わせるのも大変だけど、自分らしく生きるのも不安じゃないかな。

最初は大変かもしれないけど、自分に嘘をつくのは精神的に良くないよ。
自律神経が乱れると、体に負担をかけちゃうもんね。

勇気を出して、自分らしくのびのび過ごしたいね。

大切なのは『人前で偽ってしまう自分を否定する』ことではなく、
どんな自分も受け入れること。

でも特定の相手とのコミュニケーションがあまりにも不快な時は、
その相手と距離をとるようにした方がいいですよ。

相手の嘘に気持ちを引きづられず、自分を大切にする時間を作りたいですね。