まだ成長途中のバジル🌱栽培し続けながら、バジルを保存、活用する方法。

バジルパスタにドレッシング、バジルの香りって食欲をそそりますよね。

家で育てている、成長途中のバジル。
刈り取るのはもたいないし、かと言って部分的に収穫しても少量しか使えない。

そんな時おすすめなのは、冷凍保存です。

バジルを冷凍保存する時の利点。

  • 少ない収穫でも、少しずつ集めることができる。
  • すぐ使わなくても長期保存可能。
  • 冷凍した後は、手で簡単に細かく砕ける。
    (バジルソースを作る時に便利。)
  • 乾燥させることが難しい時期(梅雨のカビが生えやすい時期)でも
    冷凍ならカビの心配がない!

摘芯ついでにバジルを保存。

わが家のバジルを良く見ると脇芽が出ていました。
ほっておくとこのまま身長が伸びていくし、
あまり伸びると風や雨で倒れてしまうかも。
そう思ったので、切ることにしました。

上だけ収穫しても、株を残せばまた収穫できます。

しかも、脇芽を残すよう切ることで、
下の芽が伸び株自体を大きくすることができるんです。

きれいに育てたバジル。
収穫したら、すぐ冷凍保存しよう!

わが家のバジルです。
上だけ切って、脇芽を残したのでさっぱり。

冷凍で保存する方法

  1. バジルを収穫する(葉だけ保存します。)
  2. 良く洗って水気を切る。
  3. 密封できる袋に入れ、冷凍庫で保存。

これでいつでもバジルを料理に使えます。
それに、葉だけにすれば冷凍庫の中でもかさばりません。

少量ずつ使いたい場合は、
小さい袋に入れて保管すると楽ですよ。