チェリーセージの剪定

小さい花をいくつも咲かせる、多年草のチェリーセージ。

うちには10年くらい前から育てているチェリーセージがあります。
嬉しいことに、年々株が大きくなっています。

チェリーセージはしっかり剪定してあげると、
どんどん綺麗な花を咲かせますよ。

チェリーセージの剪定時期

チェリーセージは春と秋に開花するので、開花後に剪定します。

開花後といっても、チェリーセージは一度に花が枯れる訳ではありません。
花がだんだん少なくなるので、勢いが弱くなったと思うところで剪定します。

チェリーセージの剪定方法

チェリーセージはひとつの株から長い茎が何本も伸び、
そこから小さな花が咲きます。

剪定する際は、花が咲いていたところを茎ごと落とすイメージで剪定します。

剪定 Before-After

剪定って植物によって違うので難しいですよね。
うちのばっさり剪定したチェリーセージをご紹介します。

参考になれば幸いです。

Before

今年もすごく豪華に咲いてくれたチェリーセージ!
写真は、6月初旬の様子。
だんだん花数も少なくなり、花も赤から白くなってきたので剪定することにしました。

After

あまり変わりがないように思えますが、かなりばっさり切りました!

花が種になるとき、かなり栄養が取られます。
花を切ることで、株や根っこに栄養を行き渡らせることができ長持ちしやすくなりますよ。