バーベキューや、燻製、消臭に便利。自宅で炭作り。

炭が作れましたー!
少量ですが、使用しない枝を使ったのでエコかな?

うちではダンボールがたまると庭で燃やします。
(ちなみにうちではピザ窯で燃やしています。)
炭はそのついでに作りました。

庭があるか、田舎でないと厳しいかもしれませんが
よければ参考にしてください。


用意

  • 炭にしたいもの
    (太めの枝、松ぼっくり、不要な木材など)
  • せんべいの空き缶
    (または、大きめのスチール缶)
  • キリ
  • 軍手

炭を作るには

⚪︎酸素に触れさせず、完全燃焼させると炭になる。
  (酸素に触れると灰になる。)

⚪︎燃やす時にガスが出るので、ガスが抜けるようにする。

作り方

  1. せんべいの缶にキリで穴を開ける。

  2. 木材を缶の中に入れる。
    写真は金木犀の木と葉です。

  3. 缶を逆さにして、缶のまわりで燃やす。

  4. 完成!
    しばらく熱いので、忘れた頃に取り出してください。
    木の量にもよりますが、計3時間くらいで炭になりました。

注意とポイント

⚪︎缶を逆さにして置かないと、缶が変形してフタが開いてしまいます。

⚪︎出来上がりにばらつきがでるので、途中で向きを変えた方が良いです。


私は1日1時間燃やすようにして、3日かけました。
その都度、出来具合を確認できます。


写真は途中経過。

⚪︎缶は変形してしまうので、開ける時少し苦戦します。


今回は、燻製用の炭だけ作りました。


葉の炭も見たかったのですが、ほとんどボロボロになってしまったので、
葉だけ途中で取り出した方が良かったです。

次は、まつぼっくりや蓮の実などで鑑賞+消臭用の炭も作りたいです。